ニキビができていると全身脱毛を受けられないの?

ニキビができていると全身脱毛を受けられないの?

ニキビができているときの肌は肌の力が低下しています。脱毛は肌に負担がかかる行為なので、ニキビができているときは脱毛を避けた方がよいです。でも、サロンやクリニックの予約日にニキビができていしまうこともありますよね。ニキビができたときはどうしたらいいのでしょうか。

 

サロンで行われる光脱毛は肌への負担が少ない脱毛方法です。しかしニキビに照射するとダメーになるので、その部分は避けて脱毛します。ニキビができている部分だけ脱毛できませんが、全身脱毛は可能です。

 

クリニックのレーザー脱毛は光脱毛に比べると出力が高くニキビに大きなダメージがあります。しかし、レーザー脱毛の場合もニキビの部分を避けて脱毛するので、全身脱毛を受けることはできます。

 

ニキビができるのは顔だけではありません。顔以外ではデコルテや背中にできやすいです。背中は自分では見えにくいので、かゆみや痛みで気がついて、気がついたときには悪化しているというケースが少なくありません。

 

背中全体にニキビが広がっていると、全身脱毛のときに背中だけ脱毛できなくなってしまいます。そうならないようにも日ごろからケアが大切です。

 

乾燥すると肌を守るために角質が肥厚し、毛穴の出口がふさがれて皮脂がたまりニキビが悪化します。保湿をすれば肌の状態が整って毛穴つまりを起こしにくく、ニキビができにくい肌になります。

 

背中は保湿を忘れやすいので忘れずにケアしましょう。肌の状態をよく保つことで光脱毛やレーザー脱毛の出力を上げることができ、脱毛効果が高まる働きもあります。

 

ニキビ跡ができていると、その部分は脱毛できません。サロンやクリニックで行っている脱毛方法は、黒い色素に反応する波長の光を使用しています。そのため、ニキビ跡の色にも反応してやけどなどの恐れがあります。

 

ニキビ跡ができているときはスタッフに相談してください。

 

クリニックによっては美容ケアも行っていることがあります。

 

ニキビの相談をするのもよいでしょう。